今、貴方は不安、恐怖、悩みの中でしょうか。 又は自分を知りたいと思っているのでしょうか。

ここでは今ここに集約された自分から過去や未来を視てゆきます。 私たちはトリックに翻弄されて生きています。トリックを扱う側になるために今、貴方が抱えている感情を出して、あえて自分から分離させて、じっくり視ましょう。

そうすることでご自分を知っていきます。

そして、必要なことしか起こっていなかったこと愛ゆえに造り上げた世界だったことを知り自分への愛を取り戻していきます。

ヒプノセラピー=催眠について御興味を持た れたら以下の内容も是非お読みください。

催眠とは「深いリラックス状態」のことを言います。

催眠と聞くと、「催眠術」のようにしたくないことをさせられるのではないか、とか コントロールされるのではないか、と誤解されますが 催眠にかかるとか、かからないということではなく、 ご自分が積極的に入ろうと思わないと入れないというように ご自身が全てをコントロールしている状態です。

普段、生活している中でも、ごく自然に催眠様状態になっていてテレビを見ている時や 本を読んでいる時など何かに集中している時やボーッと歩いていたり、 朝起きた時や夜寝る前など自然に味わっています。

意図的に催眠状態にするとは

意識は二層になっていて、顕在意識という気付いている意識が氷山の一角のように6〜10%位占めていて、無意識という潜在意識が90〜94%位の多くを占めています。

そして、この顕在意識と潜在意識の間には判断のフィルターという仕切りがあって、 勝手に潜在意識に繋がらないように守っています。 潜在意識を守ってる顕在意識は深いリラックス状態になると 守りの判断のフィルターを緩めます。 そこで、潜在意識にアクセスすることができる状態になります。

なぜ潜在意識にアクセスするのでしょう

多くを占める潜在意識の中には、今まで経験して学んだことや、思い込みなどがあって、 これは無意識(潜在意識)のプログラムという個性になっていて このプログラムは思考パターンなのです。

この思考パターンに支配され、生き難さを感じたり、問題を作ったりする場合があります。

潜在意識の特徴は素直で現実と非現実の区別が出来ません。

ですから、判断のフィルターを緩めて潜在意識にアクセスすることで、 この潜在意識に新しいイメージのインストールや暗示を入れたり、 不要なイメージや思考パターンを手放したり変えたりすることが出来ます。

それによって行動ステート(心の状態や捉え方)や身体状態の変化が起こります。

私たちは自分の人生に100%責任を持ち、どんなことも誰かや何かのせいにしないで、 全て自分が体験する現実を創り出していることを認め、 自分で無意識をコントロールできるようにしなくてはなりません。

無意識は、ゴール設定すると向かうという性質があるので なりたい自分なりたい未来を決めて、 その自分に集中し設定することで、すでにそうなっている所から 思い通りの人生を歩まれますことを願っております。

ページトップ